ストレス社会に負けずにうつ治療【早期の発見と治療が鍵】

サイトメニュー

認知行動療法なども有効

カウンセリング

薬を減らすのは避けたい

うつ病は原因が解明されていない部分もありますが、環境の変化や身近な人との死別などで大きなストレスが掛かり、発症することもあります。脳の病気なので放置をしておくと、家事や仕事に支障が出てしまったり、病気が悪化したりする原因になるので、早めに精神神経科のクリニックや病院を受診することが大事です。精神神経科のクリニックや病院は、カウンセリングや問診、診察が受けられるので病気の診断が付くことが多いです。うつ病に罹る人は責任感が強く、真面目な性格の人が多いですが、十分な休息や睡眠を心掛けることが大事です。一時的に職場や学校を休んだり、主婦の場合は家族に家事を手伝ってもらったりして、負担を減らしてもらって下さい。うつ病の治療は内服薬が中心になります。一人一人症状や病気の重さが違ってきますが、抗うつ剤は気分安定薬、抗不安薬、睡眠導入剤などを処方してくれます。最初から多くの量の薬は処方されないので、安心して下さい。抗うつ剤は即効性がないため、すぐに効果が実感できなくても、まずは3週間から一か月は続けることが大事です。十分な休息を取ったり、自分に合った薬を処方してもらうことで、辛い症状を緩和したり、気力や集中力なども向上してきます。早い段階から治療を始めることで、仕事や学業に復帰することも可能です。精神神経科のクリニックや病院で、うつ病を診断されると不安を感じている人が多いですが、適切な治療を受けることで、憂鬱な気分や体の不調も改善されて、体の調子が整ってきます。うつ病は内服薬で症状が改善してきますが、強いストレスを受けたり、仕事や家事が忙しかったりすると再発がしやすい傾向があります。少し症状が良くなってきても、自分の判断で薬を減らしたり、中断したりするのは避けて下さい。精神神経科のクリニックや病院では、カウンセリングなどの精神療法や認知行動療法などの治療が受けられます。うつ病に罹ると自分に価値がないと感じるなど、マイナス思考になりがちなので認知行動療法で、認知の歪みを改善することができます。信頼できる医師が在籍をしているクリニックや病院を選ぶと、症状に合わせて薬を減らしたり、変えてくれたりすることも出来ます。うつ病は若い年代の人から、高齢者まで罹る可能性があるので、病気が疑われる時は家族に付き添ってもらい、診察やカウンセリングを受けて下さい。家族から話を聞くことで、本人が気付いていない症状も発見できる場合もあります。病気に罹ると脳の機能が低下するので、薬の量や回数を間違えることもよくあります。最初は家族に薬の管理をしてもらい、決められた分量を守って服用することが大事です。

Copyright© 2018 ストレス社会に負けずにうつ治療【早期の発見と治療が鍵】 All Rights Reserved.