ストレス社会に負けずにうつ治療【早期の発見と治療が鍵】

サイトメニュー

医療費を安くする方法

男の人

ちょっと役立つマメ知識

医療保険は入っておくと安心ですが、外来治療のうつ病では給付金が出ない場合が殆どのため、病院代は自分で捻出しなければなりません。通院頻度は症状によって違いますが、うつ病は1か月に数回受診する場合が多くなっています。10割負担だと1万円から2万円程度掛かりますので、健康保険の3割負担なら3千円から6千円が相場です。そして、1回の診察代が薬代と合わせて3千円だった場合、1週間おきに通えば月々6千円の出費になります。それほど高くない金額かもしれませんが、うつ病は一定期間通院する必要があり、年間で換算すれば7万2千円が必要です。そのほか、投薬治療を続けていれば、血液検査や心電図検査も定期的に行うケースが多いので、その都度出費が増えます。しかし通院が長引くようでも、精神科や心療内科での治療であれば、自立支援医療制度を使って費用を下げられるのです。この制度が適用できれば3割負担の人でも、病院代や薬代などが基本的に1割負担になります。ですから年間で7万2千円支払っていた人でも、2万4千円の負担で済む訳です。うつ病の病院代を節約できるので、この医療制度は高く定評されていますが、通院費の支援が目的のため入院には適用されません。生涯でうつ病になる確率は、国内だと15人に1人とされており、100万人近い人が病院で治療を受けていると言われています。ですが医者に診てもらっていない患者はこの3倍はいると推測され、非常にありふれた疾患となっているのです。さらにこの病気の種類は多岐に渡り、中にはうつ病らしからぬタイプも存在しています。特に仮面うつ病はその筆頭で、精神疾患の病気でありながら、落ち込みや不安といったメンタル的な症状は殆どありません。症状としては食欲の低下や便秘、あるいは倦怠感などの体調不良が目立ち、心の病気とは気付きにくい特性を持っています。しかも、このタイプは全うつ病の2割に上ると類推されているので、マメ知識として押さえておきましょう。通常の身体疾患なら一般内科が守備範囲ですが、メンタルが発端の症状は専門外です。心因的な体調不良は心療内科が専門ですから、一般内科で一向に治らない時は仮面うつ病を疑い、心療内科での治療を基本としてください。そして、どこで治療を受ければ良いのか分からなければ、お住いの自治体が運営する健康増進センターを活用しましょう。メンタルヘルス関連を匿名で相談できるなど、精神科や心療内科へ行くまでのワンクッションとしてもピッタリです。

Copyright© 2018 ストレス社会に負けずにうつ治療【早期の発見と治療が鍵】 All Rights Reserved.