ストレス社会に負けずにうつ治療【早期の発見と治療が鍵】

サイトメニュー

病気へのアプローチ法

婦人

自分で予防することも可能

うつ病の治療は、抗うつ剤を使用した薬物療法が基本です。ある程度病気特有の症状が出ている人には、有効な治療法だと考えられています。ただ、薬には様々な種類があり、新薬だからといって誰にでも効果的というわけではありません。古くからあるタイプの薬が合うこともあるので、まず向きそうな薬を処方し、合わなかったら量や種類を変えていくというのが一般的な治療の流れです。漢方薬も発売されているものの、効果が見られるのはごく軽症の患者です。とはいっても抗うつ剤と併用して薬の効果を高めるケースもあります。薬に怖いイメージを持ち、飲むのを嫌がる人もいますが、通常抗うつ剤に依存性はありません。また、効果は緩やかに現れてくるため、飲み忘れや服用中止には注意したいところです。それから、薬物療法に加えて、認知行動療法を行うことも効果的だとされています。これは、物事の受け取り方や考え方をポジティブに変えていくことで、ストレスに上手く対処できるようにするという精神療法の一つです。他に心理カウンセリングも受けることもできますが、医師によるものに限定され、臨床心理士単独で行う場合は保健適用外となります。ただし、精神科医と共同で行う場合は保険が適用されます。うつ病の治療に認知行動療法が効果的とされていることから、ネガティブな受け取り方がストレスを増幅させ、病気の要因になっているのがわかります。病気が悪化した状態では医師の力を借りて治療することが大切ですが、発症前、もしくは軽症のうちならば、自分で認知行動療法に取り組むのも一案です。出来事が起きたときに自然と頭に浮かぶ考えを、自然思考といいます。そして、ネガティブな感情とポジティブな感情の内、問題になるのは前者です。感情は自然思考の後に付いてくるものなので、自然思考をポジティブなものに変換するクセを付ければ、ポジティブな感情が生まれ、うつ予防に繋がります。しかし、慣れないうちは自分の自然思考を客観的に見るのが大変かもしれません。その場合は、紙などに書き留めて表にしてみると、第三者目線で自分のことを振り返ることができます。「当時はこのように考えたが、実はこうだったかもしれない」、「こういう考え方をすれば良いのかもしれない」などと、あらゆる角度から物事を見ることで、次第にネガティブな考え方から脱却することが可能です。ただし、自分の考え方が間違っているということではないことを知っておいてください。認知行動療法などは、患者の評価をするものではなく、楽に生きていける術を身に付けるためのものです。

Copyright© 2018 ストレス社会に負けずにうつ治療【早期の発見と治療が鍵】 All Rights Reserved.